海軍、国産揚陸艦の概要初公開/台湾

【両岸】 2017/03/08 18:21
海軍、国産揚陸艦の概要初公開/台湾

(台北 8日 中央社)海軍は7日、国産軍艦「磐石」内に設置されている敦睦文宣館で、国産揚陸艦の建造プロジェクトに関する概要を初めて公開した。9日までは基隆港で一般人の見学が可能。

磐石はほかの2軍艦とともに7日から基隆港に入港。今後は遠洋訓練に出発する。

国産揚陸艦については、昨年の時点で言及があったものの、具体的な概要についてはこれまで触れられておらず、今回が初めて公開となった。

全長は220メートルで排水量は2万2000トン。速力は30ノット。甲板には大型ヘリコプターが少なくとも6機積載可能。76ミリ砲のほか、艦対空ミサイルも搭載される見込み。

ただ、海軍関係者は今回公開した内容について「将来的な展望」だと強調。実際に建造されるかどうかは「政府の政策決定が必要」とし、明言を避けた。

(呂欣ケイ/編集:齊藤啓介)