中国大陸の空母「遼寧」 台湾最南端沖150キロ地点を航行

【両岸】 2016/12/26 17:37文字サイズ:字級縮小字級放大
LINE分享給好友
中国大陸の空母「遼寧」  台湾最南端沖150キロ地点を航行

(台北 26日 中央社)国防部は26日、中国大陸の空母「遼寧」が、台湾最南端の鵝鑾鼻(ガランピ)沖90カイリ(約167キロ)地点を南西に向かって航行したと明らかにした。

国防部によると遼寧は、25日午後8時頃、台湾南東にある防空識別圏の外側から20カイリ(約37キロ)沖合いのバシー海峡を航行。26日午前9時頃にガランピ沖に達したという。

これを受けて空軍がF16戦闘機、海軍が艦艇をそれぞれ出動させ、防空識別圏内で警戒に当たっている。

(劉麗栄/編集:齊藤啓介)

LINE分享給好友