国民党の重鎮、中国大陸の“国歌”を歌い賛否/台湾

【両岸】 2014/07/10 16:11 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
カク柏村氏(左)と長男の龍斌氏

カク柏村氏(左)と長男の龍斌氏

(台北 10日 中央社)盧溝橋事件の発生から77周年を迎えた7日、台湾の元行政院長(首相)で与党・国民党の副主席(副党首)を務めたこともあるカク柏村氏が、中国中央電視台(CCTV)のインタビューで、中国大陸・北京当局の“国歌”「義勇軍進行曲」を歌っている様子が放送され、野党・民進党などから批判が出ている。台湾の複数メディアが伝えた。(カク=赤におおざと)

民進党の陳其邁・立法委員(国会議員)は、もしこの歌を戒厳令時代に歌っていたら死刑になっていただろうと指摘し、国軍の参謀総長や行政院長などを歴任してきたカク氏がこの歌を歌うのは非常に不適切だと批判した。

カク氏の長男で台北市長のカク龍斌氏は市議会での批判に対して、「義勇軍進行曲」は抗日歌曲であり、抗日戦争に参加した者なら誰でも歌えると反論し、国軍の退役将校が歌うことは適切かという質問に対しては、人には個人の自由と判断があると答えた。

また、一部からは日本の再軍備、戦争勃発を懸念する声が上がる中、「義勇軍進行曲」は再度歌われるべきだとする意見も出ている。

「義勇軍進行曲」は1935年に抗日映画の主題歌として使われた後、抗日歌曲として広く歌われ、1949年には北京当局によって“国歌”として採用された。

(編集:杉野浩司)