蒋元総統の(?)青天白日勲章競売、入札者なし

【両岸】 2012/08/24 19:26 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
蒋元総統の(?)青天白日勲章競売、入札者なし

(香港 24日 中央社)蒋介石元総統が生前つけていたとされる青天白日勲章が24日、ロンドンの競売会社「Spink」によって香港でオークションにかけられたが入札者なしで終了した。

この勲章は同日正午ごろ、280万香港ドル(約2833万円)の最低落札価格で競売にかけられ、売値が何回読み上げられても入札者が現れなかったため、ついにオークションの終了が告げられた。

Spink側は、勲章は蒋介石元総統の所有品に間違いないと強調するとともに、今後もまたオークションに出品すると語った。

青天白日勲章は、中華民国最高の軍職栄誉を示す国光勲章に次ぐもので、これまでに209人が受章した。蒋氏は北伐で全国を統一した手柄で7人目の受勲者となっているが、総統府側は、同勲章はすでに蒋氏の遺体納棺の際、副葬品とされたことから、本物の勲章は蒋氏の遺体仮安置所、北部・桃園県の大渓にあるはずだと主張している。