「時をかける愛」が作品賞など4部門受賞 台湾テレビ番組賞「電視金鐘奨」

【芸能スポーツ】 2020/09/27 13:12 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
ゴールデン・ベル・アワードの連続ドラマ部門で主演男・女優賞をそれぞれ受賞したヤオ・チュンヤオ(右)とアリス・クー

ゴールデン・ベル・アワードの連続ドラマ部門で主演男・女優賞をそれぞれ受賞したヤオ・チュンヤオ(右)とアリス・クー

(台北中央社)台湾のテレビ番組賞「第55回ゴールデン・ベル・アワード」(電視金鐘奨)授賞式が26日、台北市の国父紀念館で開かれ、「時をかける愛」(想見你)が連続ドラマ作品賞を含む4部門を受賞した。ライフスタイル番組司会者賞にノミネートされていた日本人タレント、夢多(大谷主水)は受賞を逃した。

連続ドラマ部門主演男優賞には「鏡子森林」のヤオ・チュンヤオ(姚淳耀)が、同主演女優賞には「時を~」のアリス・クー(柯佳嬿)がそれぞれ選ばれた。

「時を~」は連続ドラマ作品賞のほか、同主演女優賞、脚本賞、革新番組賞の4冠。技術賞で4部門を制した「罪夢者」と並び、最多タイの受賞となった。

「時を~」は2つの都市、2つの時代が交差するラブミステリー。昨年秋から今年初めにかけて台湾で放送され、先が読めない展開で大きな話題を集めた。

同作のチェン・ジーハン(陳芷涵)プロデューサーはプレスルームで、「遠くない未来に韓国版、日本版、タイ版、ベトナム版など多くのバージョンの『時を~』が見られるようになる」と紹介。中央社の取材に対し、日本や韓国などにすでにリメーク権が売れていることを明らかにした。

今年の授賞式は新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、会場内でのマスク着用が求められた。そのため、客席の候補者もマスクをしたままの状態でカメラに写し出された。ステージに登壇する際はマスクを外すことが許された。

(名切千絵)