「次の被害者」、第2シーズン制作へ Netflix独占の中国語ドラマで初の続編

【芸能スポーツ】 2020/09/24 11:21 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾ドラマ「次の被害者」(誰是被害者)で鑑識官を演じるジョセフ・チャン(張孝全、チャン・シャオチュアン)=Netflix提供

台湾ドラマ「次の被害者」(誰是被害者)で鑑識官を演じるジョセフ・チャン(張孝全、チャン・シャオチュアン)=Netflix提供

(台北中央社)米動画配信サービス大手ネットフリックス(Netflix)が全世界独占配信した台湾ドラマ「次の被害者」(誰是被害者)の第2シーズンが製作されることが分かった。製作を手掛けた台湾の映像制作会社グリーナー・グラス・プロダクション(瀚草影視)が21日、台北市内で開いたメディア懇親会で明らかにした。ネットフリックスが中国語オリジナルドラマの続編を送り出すのは初めて。

すでに準備作業に取り掛かっており、第1シーズンの制作陣の再集結を確認しているほか、キャストからも続編出演の意向が示されているという。

「次の~」は台湾の捜査の現場を舞台にした犯罪捜査ミステリー。ジョセフ・チャン(張孝全、チャン・シャオチュアン)が鑑識官を演じた。26日に受賞結果が発表されるテレビ番組賞「第55回電視金鐘奨」では8部門にノミネートされている。

(葉冠吟/編集:名切千絵)