テレサ・テンさん没後25年 日本の駐台代表が追悼「日台の架け橋だった」

【芸能スポーツ】 2020/05/08 12:12 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
テレサ・テンさん

テレサ・テンさん

(台北中央社)アジアの歌姫、テレサ・テンさんの死去から25年の節目となる8日、日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会台北事務所の泉裕泰代表(大使に相当)が、同協会の公式フェイスブックを更新し、「日本と台湾の象徴的な架け橋でもあった偉大な歌姫に、改めてご冥福をお祈りいたします」とする追悼コメントを発表した。

テレサさんについて、「その美しく力強い歌声は、今でも世界中から愛され、名曲の数々は多くのアーティストたちによって現在も歌い継がれています」と記した泉氏。「本日は『時の流れに身をまかせ』を聴きながら、彼女の激動の生涯に思いを馳せたい」とつづった。

テレサさんは1995年5月8日、ぜんそく発作のためタイで急逝した。北部・新北市金山区にある墓地には今もなお、国内外から多くのファンが訪れている。

(陳韻聿/編集:塚越西穂)