台湾国際ドキュメンタリー映画祭、来春に延期 新型コロナウイルス影響

【芸能スポーツ】 2020/03/20 16:01 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾国際ドキュメンタリー映画祭、来春に延期=映画祭のウェブサイトから

台湾国際ドキュメンタリー映画祭、来春に延期=映画祭のウェブサイトから

(台北中央社)台北市内で5月に予定されていた第12回台湾国際ドキュメンタリー映画祭(台湾国際記録片影展)の開催が来春に延期されることになった。映画祭事務局が20日、発表した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を背景に、すべての参加者の健康を考慮しての判断だとしている。

同映画祭は1998年に創設され、2年に一度開かれている。2014年以降は国家映画センター(国家電影中心)が主催する。

事務局は報道資料で、新型コロナウイルスの感染拡大により「鑑賞の質が損なわれるだけでなく、訪台予定の100人近い映画人にも影響が出ている。交流とイベントの実行可能性が大幅にそがれ、映画祭の完全性と意義に大きな痛手となった」と説明した。

(王心妤/編集:名切千絵)