クルーズ船の台湾人、2次検査も全員陰性 14日間の隔離へ

【社会】 2020/02/23 16:16 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の台湾人乗船者を乗せて帰国したチャーター機と医療関係者ら

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の台湾人乗船者を乗せて帰国したチャーター機と医療関係者ら

(台北中央社)中央感染症指揮センターは23日、新型コロナウイルスの集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」を下船し、帰国した台湾人19人のウイルス検査で、1次検査に続き2次検査でも、全員陰性だったと明らかにした。同センターは19人を14日間隔離し、経過観察を続ける。隔離期間中、1人1部屋を徹底するとの方針を示している。

19人は21日夜、台湾が派遣したチャーター機で羽田空港から帰国し、ウイルス検査を受けていた。

(張雄風/編集:楊千慧)