台北開催の中学野球国際大会、名古屋が優勝/台湾

【芸能スポーツ】 2019/12/26 19:24 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
優勝を決め喜んだ名古屋の球児ら=主催者提供

優勝を決め喜んだ名古屋の球児ら=主催者提供

(台北中央社)東アジアの中学球児たちが腕を競う「台北国際都市青少年野球大会」最終日が25日、台北市の天母野球場などで行われ、名古屋のチームが優勝した。瀬戸のチームを12-7で下した。

2005年に初開催され、15回目を数える同大会。今年は台湾や日本に加え、韓国、香港から32チームが参加した。台湾は学校単位でチームを組んで臨み、日本からは各地域の選抜チームが出場した。

同日午前に行われた準決勝では瀬戸と台北長安、名古屋と新北二重がそれぞれ対戦。いずれも日本のチームが勝利し、決勝に進出した。3位決定戦では新北二重が台北長安を13-6で破った。

(楊啓芳/編集:楊千慧)