阿部慎之助氏が始球式 打席には元阪神・林威助氏=アジアWL

【芸能スポーツ】 2019/12/05 15:50 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
始球式を務める阿部慎之助氏=CPBL提供

始球式を務める阿部慎之助氏=CPBL提供

(台北中央社)若手の育成を目的とした野球のアジアウインターリーグは4日、中部・台中でNPBホワイト-台湾プロ選抜戦が行われ、試合前に巨人の阿部慎之助2軍監督が始球式を務めた。打席には阿部氏と同い年(1979年生まれ)の林威助氏(元阪神)が立った。

試合は林氏が指揮する台湾プロ選抜が8-4で勝利した。巨人からは黒田響生が「2番・三塁」で、増田陸が「7番・遊撃」で出場し、黒田は1打点、増田は1安打をマークした。投げては横川凱が先発し、4回7失点(自責点5)で大会初黒星を喫した。

阿部氏はリーグ視察のため、2日に台湾入りした。3日から3日連続で試合を観戦し、選手らのプレーを確認するという。7回目となる今年のアジアウインターリーグには巨人から11人も派遣されている。

(楊啓芳/編集:羅友辰)