台湾、中国下し決勝進出 今夜、日本戦=野球アジア選手権

【芸能スポーツ】 2019/10/20 19:06 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
10対2で中国を下した台湾の代表チーム=野球のアジア選手権

10対2で中国を下した台湾の代表チーム=野球のアジア選手権

(台中中央社)野球のアジア選手権は19日、中部・台中で2次リーグが行われ、台湾は中国を10-2で破り、決勝進出を決めた。20日夜、優勝をかけて日本と戦う。

予選3試合で唯一、日本に黒星を喫した台湾。2次リーグでは18日に韓国を下し、19日には中国と対戦。韓国戦で勝利に貢献した米レッドソックスの林子偉が中国戦でも1本塁打を含む2安打3打点2盗塁を挙げる活躍を見せた。

台湾は2009年から5大会連続で決勝に進出しているものの、優勝できていない。2001年以来の優勝となるかが注目される。

一方で、台湾は今大会、東京五輪出場をすでに決めている日本を除く上位2位入りを決めたため、五輪の最終予選出場への切符を手にした。11月の国際大会、プレミア12で五輪出場権の獲得を逃した場合、最終予選を戦うことになる。

(謝静ブン/編集:楊千慧)