中信兄弟、後期V 15回目の半期優勝=台湾リーグ最多

【芸能スポーツ】 2019/10/02 13:30 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
中信兄弟が後期優勝を決めた瞬間

中信兄弟が後期優勝を決めた瞬間

(台中中央社)台湾プロ野球・中信兄弟は1日、本拠・台中インターコンチネンタル野球場で富邦ガーディアンズを8-3で下し、後期シーズン優勝を果たした。前身の兄弟エレファンツ時代を含め、15回目の半期優勝を手にし、リーグ最多半期優勝記録を守った。

今季限りでの引退を発表している現役最年長の彭政閔(41)が四回、二塁打を放ち3打点を挙げ、勝利に貢献。今試合のMVPに選出された。チームメートからビールかけで祝福されると、両手の親指を突き立てて喜んだ。

(謝静ブン/編集:楊千慧)