東京タワー近くの歩道、ジェイ・チョウファンの「聖地」に/台湾

【芸能スポーツ】 2019/09/21 18:09 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
赤羽橋南の歩道でジェイ・チョウの新曲のMVの冒頭シーンを再現する男女

赤羽橋南の歩道でジェイ・チョウの新曲のMVの冒頭シーンを再現する男女

(東京 21日 中央社)歌手のジェイ・チョウ(周杰倫)の新曲「泣かないと約束したから/説好不哭」のミュージックビデオ(MV)が公開され、ロケ地となった東京タワー近くの赤羽橋南の歩道が「聖地」として人気を集めている。

同曲はロックバンド、メイデイ(五月天)のボーカル、アシン(阿信)とコラボレーションしているのが目玉で、16日にユーチューブで公開されたMVの再生回数は21日午後5時現在で1600万回を超えている。

赤羽橋南では、主演の三吉彩花が路上でドリンク店のDMを配る冒頭シーンや恋人役の渡邊圭祐と再会するラストシーンが撮影された。ここ数日で「聖地巡礼」をする人の姿が増え、19日午後には、初めて日本を訪れたという中国人カップルなど、大勢の外国人が詰め掛けた。

このうちの一人、中国人留学生の邱松傑さんは、MVと全く同じ角度で撮れるようカメラを何度も調整するほどの熱の入れよう。中央社の記者に「MVを見てすぐに東京だと分かった。近くに住んでいるので、シーンを再現してみようと思った」と語った。撮影の途中、同じく「巡礼者」の中国人女性に声を掛け、MVのヒロインに扮してもらって写真撮影をする一幕も。本来見知らぬファン同士が瞬時に打ち解けて写真を交換し合い、盛り上がっていた。

これら巡礼者の中には、すでにMVのヒロインが働くドリンク店に行ってきたという人や、これからジェイ・チョウとアシンが協演している場所を探し出すと意気込む人も見られた。

(楊明珠/編集:塚越西穂)