台湾プロ野球ラミゴ、楽天への売却で合意 来年から新体制に

【芸能スポーツ】 2019/09/19 17:10 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
会見で楽天の代表者と握手をするラミゴの劉カイ廷球団社長(左)

会見で楽天の代表者と握手をするラミゴの劉カイ廷球団社長(左)

(台北 19日 中央社)台湾プロ野球のラミゴは19日、IT大手の楽天と台北市内で記者会見を開き、球団の親会社が楽天と球団の全株式譲渡で合意したと正式に発表した。楽天は2020年シーズンから台湾のプロ野球リーグ、中華職業棒球大連盟(CPBL)に参入する。

半期優勝13回、年間優勝6回、今年6月には台湾リーグ史上初の5半期連続優勝を成し遂げた人気球団。同7月初めに球団売却の意向を示し、注目を集めていた。

劉カイ廷球団社長は会見で、球団売却の手続きに入ってから、すぐに楽天と接触したと明かした。楽天はスポーツ業界に進出している上、ラミゴの理念にも共感しており、交渉はスムーズだったと説明。楽天にはCPBLを全く新しいレベルに引き上げてくれる能力があると期待を示した。(カイ=王へんに介)

楽天は、今回の球団買収を通じて知名度向上を図りたい考え。2008年に台湾に進出し、今年3月には台湾のネット通販大手、PChomeオンラインと提携。7月には台湾での銀行業認可を取得し、事業拡大を目指している。楽天の代表者は、これを機に「台湾に根ざした事業を展開していきたい」と意気込んだ。

ラミゴは独特の応援スタイルが名物となっており、チアリーダー「ラミガールズ」の人気も高い。劉氏は、本拠地は桃園に残され、職員の雇用も継続される見通しだと説明した。チーム運営について楽天は、ラミゴがこれまで培ってきたものを尊重しつつ、同社のプロ野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」で得た経験を生かし、台湾プロ野球のさらなる発展に貢献していきたいとの姿勢を示した。

楽天によれば、同社の台湾プロ野球参入についてはCPBLの常務理事会における承認を経て正式に決定される。新チーム名やユニホーム、ロゴなどは追って発表される。

現体制での最後のシーズンを迎えたラミゴ。年間王者を争う台湾シリーズが終わった後、ファンに別れを告げる試合を開催する予定だという。

(楊啓芳/編集:楊千慧)