台湾の王彦程、楽天と育成契約 昨年U18代表左腕「一日でも早く支配下に」

【芸能スポーツ】 2019/08/20 18:43 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
王彦程(手前)=資料写真

王彦程(手前)=資料写真

(台北 20日 中央社)昨年のU18(18歳以下)台湾代表として活躍した王彦程(ワン・イェンチェン)投手(18)が楽天と育成選手契約を結んだ。楽天が20日に発表した。

左投げ左打ちで、プロ選手を数多く輩出している高校野球の強豪、穀保家商(新北市)出身。昨年のU18アジア選手権では日本戦に先発し、2安打2奪三振1失点で完投勝利を収め、吉田輝星(現日本ハム)に投げ勝った。今年は、今月末から韓国で開催されるU18ワールドカップ(W杯)の代表候補に名を連ねている。

海外行きを目指していたという王。日本でプレーできることについては「今からワクワクします」とし、「少しでも自分が成長し、一日でも早く支配下契約できるように頑張ります」とコメントした。背番号は017。

楽天には、台湾人選手、宋家豪(ソン・チャーホウ)投手が所属している。

(謝静ブン/編集:楊千慧)