ウィンブルドン 謝、女子複で4強 センは混合複8強へ/台湾

【芸能スポーツ】 2019/07/11 14:47 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
謝淑薇=2016年6月撮影

謝淑薇=2016年6月撮影

(ロンドン 11日 中央社)テニスのウィンブルドン選手権は10日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子ダブルス準々決勝で、バルボラ・ストリコバ(チェコ)と組んだ台湾の謝淑薇は、エリーズ・メルテンス(ベルギー)アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)組に6-4、6-2でストレート勝ちし、4強入りを決めた。

混合ダブルスでは、セン詠然(台湾)イワン・ドディグ(クロアチア)組が3回戦で、エドゥアール・ロジェ=バセラン(フランス)アンドレア・クレパック(スロベニア)組と対戦。2-6、6-3、6-4で逆転勝利を収め、8強入りした。(セン=擔からてへんをとる)

(戴雅真/編集:楊千慧)