台湾、エアピストル混合団体で金 テコンドーは銀、銅を追加=夏季ユニバ

【芸能スポーツ】 2019/07/10 17:04 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
テコンドー女子57キロ級で準優勝した陳宥庄(右)=中華民国大学スポーツ総会提供

テコンドー女子57キロ級で準優勝した陳宥庄(右)=中華民国大学スポーツ総会提供

(台北 10日 中央社)イタリア・ナポリで開催中のユニバーシアード夏季大会は9日、10メートルエアピストル混合団体の決勝が行われ、台湾の郭冠廷、余艾ビンのペアが16-10で韓国チームを破り、金メダルに輝いた。(ビン=王へんに文)

射撃競技はクレー射撃のトラップで男子の楊昆弼と女子の劉宛渝がそれぞれ優勝するなど好調。2011、15年の大会でいずれも銅1にとどまった台湾代表チームにとって、今大会は金3、銀2、銅1で総合1位という好成績となった。

テコンドーは10日までに、女子57キロ級で陳宥庄が銀、男子80キロ級で劉威廷が銅を追加した。台湾は今大会、プムセ(型)ですでに銀5個を獲得している。

10日午後4時現在、台湾の成績は金5、銀9、銅5で、メダル獲得数では世界7位となっている。

(龍柏安/編集:塚越西穂)