元ソフトバンクの川崎宗則氏、味全ドラゴンズの客員コーチに/台湾

【芸能スポーツ】 2019/07/10 16:00 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
ソフトバンク時代の川崎宗則氏=2011年11月中部・台中で撮影

ソフトバンク時代の川崎宗則氏=2011年11月中部・台中で撮影

(台北 10日 中央社)台湾プロ野球・味全ドラゴンズは、元ソフトバンクの川崎宗則氏を客員コーチに迎える。9日、フェイスブックで発表した。米大リーグなど海外でもプレーした経験を持つ川崎氏。球団は「新しく加入した選手たちに世界レベルの守備の考え方と国際的視野をもたらしてくれることを願う」などと期待を示した。13日には台湾でファンミーティングを開催する。

同球団は食品大手、頂新グループが保有。1999年12月に中華職業棒球大連盟(CPBL)を一度脱退したが先月下旬、再び加盟。約19年半ぶりにリーグに復帰した。今月1日のドラフト会議では32人を指名。監督の葉君璋氏によれば、正式に訓練が始まる8月中旬にはほとんどの選手と契約が完了する見通し。

(謝静ブン/編集:楊千慧)