楊が男子200メートルで2位 男子400リレーで台湾3位=陸上セイコーGP

【芸能スポーツ】 2019/05/21 19:06 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
男子200メートルで台湾記録保持者の楊俊瀚

男子200メートルで台湾記録保持者の楊俊瀚

(台北 21日 中央社)陸上のセイコーゴールデングランプリ大阪は19日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、男子200メートルで台湾記録保持者の楊俊瀚が20秒50で2位に入った。男子400メートルリレーでは、台湾が39秒12で日本、米国に次ぐ3位だった。

昨年のジャカルタ・アジア大会の男子200メートル決勝で台湾記録の20秒23を叩き出し、同種目で台湾勢初の銀メダルを獲得した楊。昨年末と今年初頭には米国で訓練を行い、スタートの強化に取り組んだ。大学・大学院生らを対象とした先日の「全国大専校院運動会」では今季ベストの20秒37で4連覇を飾るなど、楊への期待は高まっていた。今大会で出した20秒50は今季2番目の好成績だったものの、東京五輪の参加標準記録(20秒24)には届かなかった。

男子400メートルリレーには、台湾代表として魏泰陞、王偉旭、楊、鄭博宇が出場した。

このほか、台湾勢では男子やり投げで黄士峰が79メートル05をマークし2位、男子400メートル障害で陳傑が51秒05で5位、男子高跳びで向俊賢が2メートル10で7位に入った。

(龍柏安/編集:名切千絵)