公共テレビの新作ドラマ ネットフリックスで同時配信へ/台湾

【芸能スポーツ】 2019/05/10 15:57 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
「噬罪者」で元殺人犯役を演じるカイザー・チュアン=公共テレビ提供

「噬罪者」で元殺人犯役を演じるカイザー・チュアン=公共テレビ提供

(台北 10日 中央社)公共テレビ(公視)の新作ドラマ「噬罪者」(6月8日放送開始)が米動画配信サービス「ネットフリックス」(Netflix)で同時配信される。公視が9日、発表した。ネットフリックスを通じて世界の視聴者に紹介されることになる。

「噬罪者」は、出所した元殺人犯の物語を描く作品。罪を犯した人は人生をやり直せるのかということをテーマにしている。カイザー・チュアン(荘凱[員力])が社会復帰した元受刑者を演じるほか、キミ・シア(夏于喬)、イェン・ツァオ(曹晏豪)らが主要キャストとして出演する。監督はライ・モンジエ(頼孟傑)とチャン・ハンルー(張亨如)。

台北市内で8日、第1話の特別上映会が行われ、主要キャストや2人の監督が出席した。チャン監督は同作の題材について、生活の中には元々複雑な人間性が存在することを知ってもらうのがねらいだと説明。元受刑者が出所後にいかにして社会に戻っていくのか、その過程を通じて「主人公は過ちを犯したように見えるけれど、真相は本当に皆が見ている通りなのか、背後には別の原因があるのではないか、ということを視聴者も一緒に考えてほしい」と作品に込めた願いを語った。

公視によると、ネットフリックスは同作の配信権を購入したという。

同作は来月8日から毎週土曜夜9時に2話連続で放送される。

(江佩凌/編集:名切千絵)