台湾初の本格政治ドラマがクランクイン 民主化の歩み描く

【芸能スポーツ】 2019/03/16 16:16 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾ドラマ「国際橋牌社」クランクイン会見の模様

台湾ドラマ「国際橋牌社」クランクイン会見の模様

(台北 16日 中央社)台湾の民主化を描くドラマ「国際橋牌社」(アイランド・ネーション)が15日にクランクインした。台湾で政治をテーマにしたドラマが制作されるのは初めて。台北市内で同日行われた記者会見に出席した鄭麗君文化部長(文化相)は、中国で共産党政権の逆鱗(げきりん)に触れた一部のドラマが放送中止となったことを念頭に、「ここ(台湾)では自由に政治ドラマを撮影できる。放送禁止になることはない」と胸を張り、「国際社会に台湾の民主化について知ってもらえる」と、海外展開にも意欲を示した。

ドラマでは、総統の警護官や新聞記者など、第一線で政界の動きを目の当たりにする架空の人物6人の愛憎劇を通し、戒厳令解除後の台湾がたどってきた民主化の歩みをひも解く。8シーズン構成の予定で、シーズン1(全10話)は戒厳令が解かれて間もない1990年から、初めて実施された台北市長の直接選挙で野党(当時)民進党所属の市長が誕生した1994年までが舞台となる。

台湾の民主化を描く同作品に出演することで、俳優が中国での活動を制限される可能性が指摘される。これについて、李登輝役を演じる楊烈さんは、「中国で仕事をする予定はなく、その懸念はない」とした上で、俳優として役柄をきちんと演じ切れれば「心に恥じるところはない」と毅然とした口調で語った。

作品は米動画配信サービス大手ネットフリックスで年末に配信される予定。

(江佩凌/編集:塚越西穂)