台湾のクラウド・ゲイト、英国舞踊批評家協会賞受賞

【芸能スポーツ】 2019/02/19 15:51 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
クラウド・ゲイトの90作品目となる新作「関於島嶼」

クラウド・ゲイトの90作品目となる新作「関於島嶼」

(ロンドン 19日 中央社)台湾のダンスカンパニー、クラウド・ゲイト(雲門舞集)が18日発表された「第19回英国舞踊批評家協会賞」で、傑出したカンパニーに選ばれた。アジアのダンスカンパニーとして唯一ノミネートされており、今回の受賞で同カンパニーの芸術性の高さが改めて世界的に高く評価されたことになる。

同賞は英国を代表する舞踊賞とされる。傑出したカンパニーには、英国ロイヤル・バレエ団やスコティッシュ・バレエ団、独ドレスデン国立歌劇場バレエ団などがノミネートされていた。

クラウド・ゲイトは1973年に林懐民氏によって創設され、現在までに計90作品を世に送り出してきた。1999年以降、ロンドンでは10度にわたり公演を行っている。

(戴雅真/編集:名切千絵)