台湾の文姿云がV 世界ランク1位に勝利 空手プレミアリーグ

【芸能スポーツ】 2019/02/19 13:37 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
空手のプレミアリーグで組手女子55キロ級を制した文姿云(中央)=本人のフェイスブックから

空手のプレミアリーグで組手女子55キロ級を制した文姿云(中央)=本人のフェイスブックから

(台北 19日 中央社)空手のプレミアリーグは17日、ドバイで各種目の決勝が行われ、組手女子55キロ級で世界ランキング2位の文姿云が同1位のウクライナ選手を4-3で破り優勝した。

文は台湾で初めて女子55キロ級でアジア大会2連覇を果たした選手。2014年の仁川アジア大会後、一度は引退を考えたが、空手が初採用される2020年東京五輪に向けて現役続行を決めた。

文は試合後フェイスブックを更新し、このウクライナ選手とは過去2年近く対戦の機会がなかったことに触れ、久々の戦いに非常にわくわくしたとの気持ちをつづった。

(龍柏安/編集:楊千慧)