ASKA、約10年ぶりに訪台 テレサ・テンの名曲を披露=6月の台湾公演PR

【芸能スポーツ】 2019/01/04 18:09 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
ASKA

ASKA

(台北 4日 中央社)歌手のASKAが4日、台北市内で記者会見を開き、台湾公演を6月に開催することを発表した。ASKAの訪台は約10年ぶり。会見ではテレサ・テンの名曲「何日君再来」をアカペラで披露し、大きな拍手を浴びた。

ASKAが台湾でソロコンサートを開くのは2009年7月以来。音楽デュオ「CHAGE and ASKA」としては1994年と1995年に約4万人収容の台北市立体育場(現台北陸上競技場)で台北公演を開催している。

ASKAは台湾公演での思い出として、「何日君再来」を観客と大合唱したことを紹介。司会者からワンフレーズを歌ってほしいとリクエストされると、太っ腹にも中国語で同曲を歌ってみせた。

6月の公演ではソロで発表した曲のほか、CHAGE and ASKAの名曲も披露するという。空き時間には台湾の風景やグルメも楽しみたいと期待を寄せた。

台湾公演は6月9日に台湾大学総合体育館(台北市)で開催予定。チケットは3月9日に発売される。

ASKAは5日には、旧暦大みそか(2月4日)に台湾で放送される特別番組「超級巨星紅白芸能大賞」の収録に参加する。

(江佩凌/編集:名切千絵)