王貞治さんの激励が力に 台湾代表、侍ジャパン破る

【芸能スポーツ】 2018/11/07 21:09 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
王貞治さんから届いた陣中見舞い=CPBL提供

王貞治さんから届いた陣中見舞い=CPBL提供

(台北 7日 中央社)野球の台湾プロ選抜が7日、福岡市のヤフオクドームで侍ジャパンと対戦し、6-5で接戦を制した。試合の前には、ホークスの王貞治会長からお菓子の陣中見舞いが届き、それが勝利を呼ぶ縁起物となった。

台湾は五回に藍寅倫(ラミゴ)の3点本塁打などで5点を先制し、八回には陳俊秀(同)のソロ弾で1点を追加した。日本は6点ビハインドの九回、外崎修汰(西武)の適時打などで1点差まで追い上げるも、反撃はそこまで。

両チームは、2012年3月の「東日本大震災復興支援ベースボールマッチ」(東京ドーム)を皮切りに、これまでで計6試合を戦った。台湾が白星を挙げたのは、昨年2月28日(ヤフオクドーム)以来2回目。

(謝静ブン/編集:羅友辰)