「大仏+」、NYの映画祭に出品 台湾映画として20年ぶり

【芸能スポーツ】 2018/04/06 18:39 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
ホアン・シンヤオ(黄信堯)監督

ホアン・シンヤオ(黄信堯)監督

(ニューヨーク 6日 中央社)ホアン・シンヤオ(黄信堯)監督の台湾映画「大仏+」(大仏普拉斯)が3日と4日、映画監督の登竜門とされる米ニューヨークの映画祭「ニュー・ディレクターズ/ニュー・フィルムズ」で上映された。同映画祭に台湾映画が出品されるのは1998年のリン・チェンシェン(林正盛)監督「青春のつぶやき」(美麗在唱歌)以来20年ぶり。ホアン監督は4日、ニューヨークで中央社の単独インタビューに応じ、作品について語った。

同作は社会の隅で生きる中年男性2人がオーナーのドライブレコーダーを盗み見たのを発端に、ある事件に巻き込まれていくという物語。中部の田舎町、雲林県口湖郷で撮影が行なわれた。

ホアン監督は撮影地の口湖郷について、台湾の役所が国際社会に紹介したい場所ではないと触れた上で、同地のように荒れ果てた土地こそ台湾の生命力が感じられる場所だと持論を展開。口湖郷の人々が荒れた土地でも頑張って暮らしていることに言及し、「これこそが台湾の姿」と話した。

また、同作の撮影終了後に、ある人から台湾の「ポジティブな力」について撮るよう勧められたと明かすホアン監督。だが、ネガティブをポジティブなエネルギーに転換することこそが正しい道のりだと語り、「もし自身の文化に自信がなく、文化の主体性もなければ、どうやって世界に紹介するのか」と訴えかけた。

一方で、同作は台湾中南部の片隅の現況を反映しただけで、台湾全体を代表するものではなく、同作で台湾を世界に紹介しようと思ったことはないと強調した。

同映画祭は新鋭監督の作品を紹介するのを目的に、ニューヨーク近代美術館とリンカーン・センター・フィルム・ソサエティが共催。47回目となる今年は長編25本と短編10本が選ばれた。8日まで。

(尹俊傑/編集:名切千絵)