「KANO」ゆかりの呉昌征氏、王貞治氏に次ぐ2人目の日台野球殿堂入り

【芸能スポーツ】 2018/01/04 15:19文字サイズ:字級縮小字級放大
LINE分享給好友
「KANO」の劇中写真。バケツを手に持つ男の子は魏祈安が演じる少年時代の呉昌征=威視提供

「KANO」の劇中写真。バケツを手に持つ男の子は魏祈安が演じる少年時代の呉昌征=威視提供

(台北 4日 中央社)台湾映画「KANO 1931海の向こうの甲子園」で知られる嘉義農林学校野球部の出身で、1937年のプロ入り後は俊足、強肩の外野手として巨人や阪神で活躍した呉昌征氏(1916~1987年)。1995年に日本で野球殿堂入りしたのに続き、台湾での殿堂入りも決まったことが分かった。台湾の野球殿堂「台湾棒球名人堂」(名人堂)が4日までに発表した。日台双方からこの栄誉を授けられたのは、ソフトバンクの王貞治球団会長に次いで2人目。

今回の殿堂入りメンバーには呉氏のほか、1972年の日台断交以降、双方の野球交流に尽力した許漢水氏、野球規則の翻訳や台湾の野球史の編さんを手掛けた簡永昌氏、1940年に日本統治下の台湾から後楽園球場開催の都市対抗野球大会に出場した蕭長滾氏(ともに故人)、台湾プロ野球・三商の初代監督を務めた林信彰氏(80)の4人も選ばれている。

殿堂入りの基本条件は、「競技」部門か「特別貢献」部門にノミネートされた上で、報道や球界の関係者による投票で75%以上の有効票を集めること。

だが、台湾野球の黎明期を支えた人々の功績をより広く知ってもらおうと、5回目となる今回からは「終身貢献賞」が新たに設けられた。投票で落選しても、得票数が3分の2を超えるなど一定の基準をクリアした上で、名人堂の推薦を受けた候補者も殿堂入りが可能になった。呉、許、簡3氏はこの新制度の最初の適用者となった。

表彰式は今年7月に行われる予定。

(編集:羅友辰)

LINE分享給好友