ウ選抜、イ選抜破る 西武・国場翼が5安打完封=台湾WL

【芸能スポーツ】 2017/12/08 19:42文字サイズ:字級縮小字級放大
LINE分享給好友
5安打完封を果たす西武の国場翼=CPBLサイトより

5安打完封を果たす西武の国場翼=CPBLサイトより

(台北 8日 中央社)野球のアジアウインターリーグは8日、中部・台中などで行われ、日本のウエスタン選抜が同イースタン選抜に5-0で勝ち、3日から続いていた連敗を4で止めた。完封負けを喫したイースタンは4連敗となり、4勝8敗でウエスタンと4位に並んだ。

ウエスタンは2回に4点を先制すると、5回にも1点を追加し、リードを広げた。先発の国場翼(西武)が5安打8奪三振で完封し、リーグ最多の3勝目を挙げた。完封勝利は先月25日の開幕以来、チームメートの吉田凌(オリックス、2日の対イースタン戦で達成)に続く2人目の快挙。打線は6番・右翼の鈴木将平(西武)が両チームトップの3安打をマークした。

一方のイースタンは、好投した国場の前に打線が5安打と沈黙。先発の谷岡竜平(巨人)は5回5失点で3敗目を喫した。

8日午後6時現在、各チームが11~12試合ずつ消化しており、成績は上から順に日本の社会人選抜(8勝2敗1分け)、韓国プロ(8勝3敗)、台湾プロ(6勝5敗)、イースタン・ウエスタン(4勝8敗)、欧米混合(3勝7敗1分け)。

(編集:羅友辰)

LINE分享給好友