セクシー女優・川上奈々美、出演映画PRで台湾初訪問 楽しみは「グルメ」

【芸能スポーツ】 2015/07/13 18:13 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
森田亜紀(左)と川上奈々美

森田亜紀(左)と川上奈々美

(台北 13日 中央社)アダルトビデオ(AV)撮影の舞台裏をユーモラスに描いた映画「メイクルーム」の台北映画祭(台北電影節)での上映に合わせ、森川圭監督と女優の森田亜紀、セクシー女優の川上奈々美が12日、台北市内で行われたメディア懇親会に出席し、作品をPRした。3人は今回が初訪台。川上は滞在中の楽しみは「食べ物」だと話し、前日に味わった「潤餅」と呼ばれる台湾風クレープが美味しかったと目を輝かせていた。

同作のチケットは発売から1時間足らずで完売。森川監督はこの反応は予想していなかったとした上で「日本よりも海外の人のほうが関心を持ってくれる」と、知らせを聞いた際の喜びの心境を明かした。

台湾メディアからは多数のAVを制作してきた森川監督に対し、プライベートでもAVを見るのかというきわどい質問が飛び、監督をしどろもどろにさせる場面もあった。

川上はAVは「アニメやマンガと同じように日本の文化だと思ってもらっていい」と語り、同作を通じ日本にしかないAV業界の独特な人間関係を知ってほしいと台湾の観客にメッセージを送った。

(名切千絵)