西武、8月に「KANOデー」開催 エース役の台湾イケメン俳優も登場

【芸能スポーツ】 2015/06/13 11:14 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
ツァオ・ヨウニン

ツァオ・ヨウニン

(台北 13日 中央社)プロ野球の西武は12日、台湾で昨年大ヒットを記録し、日本でも今年1月に公開された映画「KANO~1931海の向こうの甲子園~」とのタイアップイベントを8月11日に西武プリンスドームで開催すると発表した。「KANOデー」と銘打たれたイベントには、作品の中でエースピッチャーの呉明捷を演じたツァオ・ヨウニン(曹佑寧)も登場する。

「KANO」は日本統治時代の1931(昭和6)年に甲子園に初出場し、準優勝した嘉義農林学校(嘉農/現在の嘉義大学)野球部の奮闘を描いた作品。

西武は4月にも2日間にわたって「台湾デー」を開催。台湾原住民(先住民)アミ族の踊りのほか、今季から同球団でプレーしている郭俊麟投手のグッズや台湾グルメの販売などが行われ好評を博した。

(編集:杉野浩司)