ジェイ・チョウ、英国で挙式 結婚の決め手は「持病発作の看病」/台湾

【芸能スポーツ】 2015/01/19 15:57 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
杰威爾提供

杰威爾提供

(台北 19日 中央社)歌手のジェイ・チョウ(周杰倫)が現地時間17日、英国ノースヨークシャー州セルビーの教会で挙式した。14歳年下のハンナ(昆凌)を妻に迎える決め手となったのは、持病発作時の細やかな看病だったという。

ジェイはハンナのことを「優しくて思いやりがある」と褒める。ハンナはナイトクラブへ遊びに行くなどもせず品行方正で、料理上手な点がジェイとその母親の心をつかんだ。

二人は2011年に友人の紹介で出会い、同年8月、フランス旅行中にジェイがハンナの肩を抱く様子が週刊誌に掲載され、交際が明るみになった。だが、ジェイは交際を否定し、ハンナも恋愛について隠し続けた。

挙式は両家の親族や友人ら50人を招いて行われ、かかった費用は参列者の滞在費や会場費を含めると計2300万台湾元(約8542万円)に上り、これとは別にハンナが身に付けたティアラとネックレスはそれぞれ3338万元(約1億2400万円)と2718万元(約1億94万円)だといわれている。衣装はヨーロッパレトロ風のデザインで特別にハンドメイドされた。

バージンロードを歩く際には、この日のためにジェイが作曲した曲が弦楽隊によって生演奏され、そのロマンチックな雰囲気に、涙を流す参列者もいたという。

(鄭景ブン/編集:名切千絵)