台湾、韓国にまさかのコールド負け/アジア大会・野球

【芸能スポーツ】 2014/09/25 18:28 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾、韓国にまさかのコールド負け/アジア大会・野球

(台北 25日 中央社)韓国・仁川アジア大会で24日、野球の予選B組第2戦が行われ、台湾は韓国に0-10で8回コールド負けした。

台湾は1回に2本の本塁打を含む5安打を放たれ7点を失った。先発の王躍霖(米マイナー)は1死も取れずに降板、2番手の鄭凱文(元阪神・中信兄弟)も2回に2点を取られるなど失点が続き、8回には駄目押しの1点を追加されコールドゲームで敗れた。

台湾打線は11三振を献上するなど、散発6安打無得点と抑え込まれた。

台湾は韓国に大敗したものの、これまで2勝しており、予選B組を2位で通過、27日の準決勝ではA組1位の日本と対戦することになった。

(林宏翰/編集:杉野浩司)