仁川アジア大会 女子重量挙げで台湾選手が世界新で金メダル

【芸能スポーツ】 2014/09/21 17:41 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
世界新記録で金メダルに輝く女子重量挙げ53キロ級の許淑浄

世界新記録で金メダルに輝く女子重量挙げ53キロ級の許淑浄

(台北 21日 中央社)仁川アジア大会で21日、女子重量挙げ53キロ級が行われ、台湾の許淑浄が合計233キロを挙げ、世界新記録で金メダルに輝いた。今回のアジア大会で台湾が金メダルを獲得するのは初めて。20日には銀メダル1つと銅メダル2つを勝ち取っており、メダル獲計数は4つになった。

20日に行われた女子10メートルエアピストルの団体戦では呉佳穎、田家榛、杜イ依姿が1141点を獲得。中国大陸の1146点に一歩およばなかったものの、2位でメダル第1号となった。(イ=示へんに韋)

また、馬場馬術団体では張玉潔、郭力瑜、葉繍華が平均67.386%の総合得点率で銅メダル。女子チームスプリントでも蕭美玉、黄亭茵が計45秒389で日本を破り、同じく銅メダルに輝いた。

黄は、思い通りの走りができずに落ち込んだが、銅メダルを獲得できて嬉しいと喜びのコメントを発表している。

(李晋緯、李宇政/編集:齊藤啓介)