SKE48メンバーが台湾訪問 握手なくても安全対策強化

【芸能スポーツ】 2014/07/16 14:46 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
SKE48メンバーが台湾訪問  握手なくても安全対策強化

(台北 16日 中央社)アイドルグループSKE48のメンバー、宮澤佐江、二村春香、岩永亞美が15日、台湾を訪問し台北市内でファンミーティングを開催した。会場ではファンに対して手荷物検査や金属探知機によるボディーチェックが行われるなど、徹底した安全対策が施された。

メンバーは会場に集まった300人を前に、新曲「不器用太陽」を披露。台湾で何をしたいと聞かれた来台3度目の宮澤は、マッサージに挑戦したいと語り、初めての訪台だという二村はグルメを楽しみたいと話した。

今年5月、岩手県で開催されたAKB48の握手会で刃物を持った男が3人を負傷させる事件が発生したこともあり、今回のイベントはミニライブや質疑応答などが行われただけで、握手などメンバーとファンが直接触れ合うことはなかった。

(王靖怡/編集:齊藤啓介)