きゃりーぱみゅぱみゅ、台北ライブ開催 カワイイ“自室”で台湾ファンを魅了

【芸能スポーツ】 2014/05/31 17:16文字サイズ:字級縮小字級放大
LINE分享給好友
資料写真

資料写真

(台北 31日 中央社)歌手のきゃりーぱみゅぱみゅのワールドツアーの台湾公演が30日夜、台北国際会議センターで行われた。ライブには2700人余りの観客が詰めかけ、きゃりーの歌とダンスにすっかり魅了されていた。

冒頭、きゃりーは“ニーハオ”と挨拶、「なんだこれくしょん」、「インベーダーインベーダー」、「み」の3曲を一気に歌い、会場を盛り上げた。「皆さんこんにちは。私は“カーリー・グァイニウ”です」、「台湾に来るのは3度目です。きょうはみんなで盛り上がろう」と中国語で自己紹介し呼びかけると、熱狂的なファンから大きな歓声が上がった。

きゃりーは今回のライブのために4着の衣装を準備したほか、カラフルで幻想的な視覚・聴覚効果を楽しんでもらおうと、ツアーの前から舞台のセットのデザインにも参加。重さ2000キロ余り、10箱分にのぼる道具を日本から搬送し、大きなぬいぐるみや本、ベッドなど、おしゃれな“自分の部屋”の“拡大版”を台湾のファンの前に再現した。

前日夜には台北市内の通化街夜市に出かけ、出会ったファンに写真撮影を求められて気さくに応じていたきゃりー。念願かなって台湾グルメのショーロンポーとマンゴーかき氷をついに食べたと観客に報告していた。

(王靖怡/編集:谷口一康)

LINE分享給好友