日本時代・台湾の絆をテーマにした映画 嘉義で来春撮影へ

【芸能スポーツ】 2013/09/16 19:06 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(嘉義 16日 中央社)第二次世界大戦前後の日本と台湾の強い絆にスポットを当てる日本映画「Formosa(フォルモサ)」の制作会社社長が16日、撮影協力を快く受け入れた張花冠・嘉義県長(=写真右)を訪問、脚本の中国語翻訳版を手渡し、感謝の意を伝えた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます