ジミーの絵本、空を飛ぶ 台湾人気作家のペイント機登場、日本就航も

【観光】 2013/06/07 19:22 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
ジミーの絵本、空を飛ぶ  台湾人気作家のペイント機登場、日本就航も

(台北 7日 中央社)台湾の人気作家、ジミー(幾米)の絵本作品がペイントされたチャイナエアライン(中華航空)の特別塗装機が7日初披露となった。台湾の独創性を表現するシリーズ塗装機の第1弾で、今後は日本、アメリカ、中国大陸、東南アジア、ヨーロッパなどの路線にも投入される予定だ。

ペイントが施されたのはビジネスクラス70席、エコノミークラス319席を持つボーイング747で、「擁抱機(ハグ・ジェット)」と名づけられた。この特別塗装機は環境保護の重視と、チャイナエアラインの緻密な路線網を通じて台湾の創造性を世界に知らせようというもの。

「旅は大きなハグからスタート」のコンセプトのもと、機体には子供が両手を大きく広げ地球を抱きしめようとしているジミーの絵や台湾の白イルカをはじめ、ホッキョクグマやペンギン、サイなど絶滅の恐れがある動物の絵などが描かれている。

午後4時50分に台北(桃園)から上海に飛び立ったペイント機第1号の機内では、エプロンやTシャツなどハグジェットの関連グッズのほか、記念のトランプなども用意された。

チャイナエアラインでは今後も他の芸術家や独創的なコンセプトによるペイント機を打ち出していく方針。

(写真提供:中華航空)

(編集:荘麗玲)