台湾高鉄・苗栗駅、28日着工

【観光】 2013/01/26 16:42 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾高鉄・苗栗駅、28日着工

(台北 26日 中央社)台湾高速鉄路は26日、新幹線の新駅、高鉄・苗栗駅(苗栗県後龍鎮)の建築工事をあさって28日に開始すると発表した。同駅は2015年開業の運びとなる見通しだ。

高鉄・苗栗駅の建設は豊誉営造公司が15億5168万台湾元(約48億円)で落札、延べ床面積約5839坪、予定工期は30.5カ月。

駅の建築は横長で軽量感あふれ、高速鉄道のスピード感を表現、金属板の日よけや太陽光発電パネルなどが設置され、エコ建築としてのコンセプトもアピールできるという。

また、構内は全体的にシンプルな構造で、地元・苗栗に多く住む客家人の勤勉質素な精神を象徴、幾何学的に組み立てられた金属のフレームが陽の光を浴びて屋外に広がる木立ちの緑に映える。天候に応じて窓の開閉が調節可能。

イメージ図提供=台湾高速鉄路