台湾鉄道、来年2月に食堂車復活 22年ぶり

【観光】 2012/12/11 16:00 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 11日 中央社)最近の鉄道観光のビジネスチャンスをにらんで、交通部台湾鉄路管理局(台鉄)では600万台湾元(約1700万円)を投じて客車2両を改装、食堂車(資料写真)として今後観光列車などに組み込む予定。乗客は鉄道の列車車内から外の景色を楽しみながら食事ができる。台湾の複数のメディアが報じた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます