台湾鉄道の新車両「プユマ号」、愛称は“サル顔”!?

【観光】 2012/11/26 15:36 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾鉄道の新車両「プユマ号」、愛称は“サル顔”!?

(台北 26日 中央社)台湾鉄道が日本から約300億円で購入した振り子式車輌のうち、10月に到着した第1陣の8両編成2本が来年2月にも運転を開始するが、先頭車両の正面デザインが「赤ら顔のサルのよう」などと一部で不評を買っており、変更を求める声が上がっている。

台湾の先住民族にちなみ「プユマ(普悠瑪)号」と名付けられたこの列車は、白いボディーに目の覚めるような赤のラインというデザインが好評で、試運転には多くの鉄道ファンが詰めかけた。

だが、ボディーデザインの評判とは対照的に、白地に赤い逆三角形の正面デザイン(左)についてはファンらの間でも意見が分かれており、「サル顔」「京劇のお面」など、不名誉なあだ名がインターネット上で話題となっている。

プユマ号の先頭車両デザインは世界の鉄道の中でも非常に少ないタイプで、中華民国鉄道文化協会の蘇昭旭理事長は先ごろ、この特色を残しながらもう少し見栄えをよくしてはどうかと、逆三角形を半楕円型に変えることを台鉄側に提案した。(右、蘇昭旭氏提供のイメージ図)

台鉄の鹿潔身副局長はこれに感謝を示し「考慮する」と返答したが、一方で、残る15本(120両)は今後3カ月ごとに1本ずつ納入されるスケジュールが決まっているため、デザインが変更できるかどうかは約束できないとしている。