陳高雄市長、東京都議に地元フルーツPR

【観光】 2012/07/10 16:22 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
陳高雄市長、東京都議に地元フルーツPR

(高雄 10日 中央社)高雄市の陳菊市長(中央)は10日、小礒明・東京都議会議員(右3)と会見し、バナナやライチ、マンゴーなどの高雄産フルーツをアピールした。

高雄市は2006年に東京の八王子市と友好交流協定を結んでいる。陳市長は、日本とは長年、密接で友好的な関係を維持してきたと述べた上で、高雄には知名度の高いバナナのほかに、高品質のライチやマンゴーもあると紹介、高雄観光と農産物のPRに力を貸してほしいと期待した。

都議会・日台友好議員連盟の幹事長でもある小礒氏は、協力を快諾すると共に、農産物の販売と文化交流を通じた関係促進にも意欲を示した。

小礒氏は9日、台南市内のマンゴー園も訪れ、マンゴーの日本向け輸出のプロセスを見学したほか、日本市場における台湾産マンゴーの知名度向上に取り組むと約束した。

(写真:高雄市政府提供)