台湾タワー設計コンペ、日本人建築士の作品が1位に

【観光】 2011/11/12 21:11 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾タワー設計コンペ、日本人建築士の作品が1位に

(台中 12日 中央社)中華民国建国100年を記念し、台湾中部にある台中市のランドマークとして建設される「台湾タワー」の国際建築設計コンペ最終審査の結果が11日発表され、日本の建築家・藤本壮介氏の作品が1位に選ばれた。

自分の作品について藤本氏は、伝統的なタワーの形でなく、自然現象といった抽象的概念を用い、人々との距離を縮めようと、特別に台湾「フォルモサ―美しい島」を主なコンセプトにしたと説明した。

氏は台湾のガジュマルからインスピレーションを得て、樹木のように太陽の光が透き通った憩いの場を作り出そうとしている。

今回の優勝により、藤本氏は台湾タワーの設計・施工監理の優先権のほか、8億4200万台湾ドル(約21億5000万円)に上る設計・施工監理サービス費用も獲得した。

台湾タワーは高さ300メートルあまりで、面積約1ヘクタール、総工費約65億8800万台湾ドル(約168億2500万円)とされ、2017年に完成の予定。

なお、今年5月に募集を始めた同コンペには、世界26カ国から100点の作品が寄せられた。半年にわたった2段階コンペを経て、イギリス、オーストリア、アメリカ、ルーマニアと日本の5カ国の作品が1次審査を通過した。